ライティング 記事の書き方

ジャンルによらず記事を書くのが得意に!解決の糸口を見つけよう。

更新日:

どんなテーマでも、記事が書けるようになる!

これは、ライターなら目指すべき一つの境地なのではないかと思います。

仕事を受けられる幅が広がりますし、受注の際にも有利にはたらきますよね。

 

確かに、苦手分野・初めて触れるジャンルの記事は書きづらいです。

ですが、

  • 苦手かどうか
  • 初めてかどうか

に関わらず、慣れとテクニックで結構どうにかなります。

今日はそんな話をしようと思います。

 スポンサードリンク  

 

そもそも苦手って何?苦手を具体的に考えてみる

最初に、「苦手」という状態を少しだけ具体化してみましょう。

記事を読む前に、次のことについてノートやスマホに書き出してみるのをオススメします。

  • 苦手の原因はなんだろうか。
  • 苦手ジャンルのどこが苦手なんだろうか。
  • なぜ苦手を克服したいのだろうか。
  • 苦手の問題点は何なのか(スピード?分かりやすさ?文字数?)

漠然と悩んでいたら、なかなか解決の手がかりをつかむことはできません。

問題点を細かく分解して、具体化することをぜひやってみて下さい。

 

ライティングに限らず、どんな問題への対策にも使えるテクニックだと思います。

 

情報に触れる頻度を増やして知識を増やそう

苦手の原因として考えられるのが、「知識が少ない」ということです。

それなら、単純に知識(=インプット量)を増やせばいいですよね。

 

日々生活する中で何気なく過ごす時間を、情報収集やアイディア出しに当ててみましょう。

と、言うだけならカンタンなので、もう少し具体的にお話します。

 

例えば今見ているこの記事は、アンケートで頂いた悩みをベースに、僕が書きたいことを書いています。

ただ、今日はリアルの都合がかなり詰まっていたので、帰宅してから構成や書きたいことをまとめていたら、時間がかかってしまいます。

そこで、電車移動中に記事の主張とテーマを5~7種類くらいメモしておき、その中から1つを選んで夜に書きあげました。

そうやって、ライティングを生活の中に溶け込ませることを意識しています。

 

 スポンサードリンク  

記事を書く数をこなすことも重要

初めて書くジャンルの記事が書きにくいのは当たり前です。

まずは、とにかくたくさん書くことを目標にしましょう。

20記事を目標に一つのジャンルについて集中的に書く

これくらいは書かないと、苦手は克服できないかなと思ってます。

世には、「効率化」「テクニック」みたいな情報はたくさんありますが、何だかんだ言いながらも、数をこなすことが1番確実です。

 

ただし、ただただ20記事を書くだけになると苦しいので、少しだけ気が楽になるようなヒントをお伝えしておきます。

20記事の内半分の10記事は捨てていい

「半分は捨ててもいいや」くらい、気楽な気持ちで記事を書きましょう。

早くうまくなりたいなら失敗して気にする時間は少ない方がいい、ということですね

書けないなら書けないでも別にいい

そもそも、あらゆるジャンルの記事を100%カンペキに書けるライターになる必要があるでしょうか。

そうじゃないなら、書けないジャンルが1つ2つあったところで、別によくないですか?

最終的に書けるようにならなくても問題ないですし、その時は諦めてもいいんです。

次を探しましょう!

 

長期的スパンで苦手克服を楽しむ姿勢が大切

ここからは個人的な意見なのですが、「自分の苦手を克服する」それ自体を、楽しむことが大切なんじゃないかなと思ってます。

 

例えば、今まで夢中になったゲームについて思い返してみて下さい。

  • ドラクエのレベル上げで、はぐれメタルをひたすら狩る
  • ポケモンをレベル100にするために、何十回も四天王を倒す
  • モンハンで1%素材を引き当てるために、同じモンスターをはめ倒す

これらのことって、冷静になって考えれば、

「よくあんな単調作業を何時間も続けられたな~」

と思いません?

結局これって、作業自体が楽しかったんですよね。

 

苦手克服も、ゲームのレベル上げみたいに、気楽に楽しんで下さいね。

 スポンサードリンク  

-ライティング, 記事の書き方

Copyright© blogger's day , 2019 All Rights Reserved.