ライティング 記事の書き方

分かりやすい文章の鉄則!絶対に押さえるべき記事作成のチェック項目

更新日:

前回の記事↓

ライター初心者なら必見!絶対に押さえるべき記事の書き方【構成編】

こちらでは、記事を書く上で重要なテンプレートについてまとめました。

ライター初心者で記事の書き方がわからない人は、これを実践するだけで書きやすくなります。

 

今回はさらにステップアップして、分かりやすい記事を書くためのチェック項目をまとめました。

クライアントは、読みづらい記事を細かくチェックをすることはありません。

理由もわからずに不採用になることも・・・

 

そんな経験がある人は、自分の場合に置き換えながら読み進めてもらいたいと思います。

 スポンサードリンク  

 

分かりやすい記事を作るためのチェック項目8つ

文章を書いた後に確認できるように、チェック項目を作りました。

内容を理解した上で、活用してもらいたいと思います。

 記事を書いた後に読み返しましたか?

クライアントに記事を提出する前に、自分で読み返して読みやすい文章になっているか確認しましょう。

書いた本人も何を言いたいか分からない文章を、クライアントに渡すなんてことはあってはいけません。

まずはライターであるあなた自身が、記事の内容を100%理解できるかどうかをチェックしましょう。

 長い文章で説明していませんか?

例えば、「競技ボート」と「カヌー」の違いを分かりやすい文章で説明しようとすると、かなり難しいはずです。

ですが写真ならすぐにわかります。

カヌー

ボート

 

写真ならひと目で違いがわかるだけでなく、どういうスポーツかも伝わりやすいです。

 文字数が40字以上の文はありませんか?

「~~~ですが、☆☆☆」

「~~~なので、☆☆☆」

などなど、接続詞を使うと1文の文字数が増えてしまい、理解しづらくなります。

ひどい場合には、

「~~~と☆☆☆なので、※※※となるのですが、実は###なので✕✕✕です。」

このように何度も接続詞を繋げ、1文が100字以上になることもあります。

こういう文章は、読んでいてかなり疲れます。

 

対策として、接続詞で文を2~3に分けましょう。

 箇条書きを有効に使っていますか?

記事の冒頭部分で↓このように書いたことはありませんか?

「この記事では、~~~と☆☆☆と※※※についてお話します。」

これも、1文が長くなってしまう原因の1つです。

 

この場合、

「この記事では、

  • ~~~
  • ☆☆☆
  • ※※※

この3点についてお話します。」

こうした方が読みやすくなります。

 こそあどことばを多用しすぎていませんか?

指示語を多用しすぎると、どの指示語が何のことを指しているかわかりづらくなります。

かと言って、まったく指示語を使わないというのも、読んでいてしつこく感じます。

何%などと明確に決め手があるわけではありませんが、こそあどを意識して自分で読み返したときに、変に感じなければOKです。

 スポンサードリンク  

 難しい単語や言い回しを使っていませんか?

読者にもいろいろな理解力・知識量の人がいますので、できる限りかんたんな言葉で伝えましょう。

具体的には、

  • 中学生でも分かるような単語のみを使う
  • 専門用語を使う場合は、解説をつける
  • 普段の会話で使わない言葉を記事に使わない

といったところです。

 想定する読者の知識に合わせた記事が書けていますか?

例えば、「WiFiの初心者」を読者に想定する場合、

  • 11n対応
  • 11ac対応
  • PLC

という言葉がいきなり出てきたら、戸惑うのではないかと思います。

ターゲットとして想定する人にあわせて、分かりやすく噛み砕いた言葉を使いましょう。

 句読点がおかしくなっていませんか?

句点「。」は、読点「、」ですね。

 

「それくらい当然できているよ!」と思う方もいるかもしれません。

ですが、句読点がうまくつけられないライターさんも実際にいます。

自分ができていると思っていても、読者やクライアントからすれば、無茶な付け方になっている場合もあります。

それに、文章を分かりやすくするために、意識して句読点をつけているでしょうか?

 

ここではあえて詳しく説明しませんので、ぜひこの機会に調べなおしてみることをおすすめします。

 

提出前の一手間がクライアントから評価される第一歩

さて、今回は分かりやすい記事を書くために、チェックすべき項目についてまとめました。

 

細かいところまで気にしすぎじゃないかと思うでしょうか?

なんだ、当たり前のことしか書いてないじゃないかと思ったでしょうか?

それとも、普段から当たり前のようにやっていることだったでしょうか?

 

ですが、こんな当たり前のことができていないライターが、実際のところ多いのが現状です。

この記事を読んで、

  • 自分はできているとたかをくくる人
  • 自分できてたっけな?と行動をかえりみる人

人と差がつくのって、結局こういう小さな部分の積み重ねなんじゃないかなと思います。

ぜひとも自分事として捉えて、行動してもらいたいと思います!

 スポンサードリンク  

-ライティング, 記事の書き方

Copyright© blogger's day , 2019 All Rights Reserved.